【初心者必見】キャッシュレス決済アプリ「楽天ペイ」の特徴や使い方を解説

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

こんな人におすすめの記事

楽天カードはよく使うけど、楽天ペイは使ったことがない。楽天カード持ってるしせっかくだから使ってみたいな。どういうサービスなのか知りたい。

PayPay、d払いと並びQRコード決済業界のTOP3に君臨する楽天ペイ。

この記事では、これから楽天ペイを使ってみたいという方向けに、楽天ペイの特徴や使い方について初心者の方向けに紹介します。

QRコード決済って何?って方はまず以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

楽天ペイって?

楽天ペイとは、楽天が提供する決済アプリです。

楽天ペイに登録することで以下の5種類の決支払いを行う事ができます。

  • お店のQRコードを読み取って支払いを行うQR払い
  • アプリ内のバーコード、QRコードを読み取ってもらい支払うコード払い
  • お店を選択後、自分で金額を入力するセルフ払い
  • Suicaの新規発行や、既存のSuicaと連携させたSuica払い
  • 楽天Edyと連携させた楽天Edy払い

QRコードやバーコード読み取りは他のQRコード決済サービスと同様ですが、それにプラスしてSuicaや楽天Edyと連携させた支払いができるというのは他のサービスにない強みですね。

楽天ペイアプリは、以下からダウンロードすることができます。

スポンサーリンク

楽天ペイのメリット

登録が非常に簡単

楽天ペイは楽天会員の方なら、すぐに使用することができます。

楽天会員は楽天ペイだけでなく、楽天市場やラクマなど他の楽天サービスでも共通で使用できる会員サービスのためネットをよく利用するという方は、登録しておいて損はないと思います。

楽天ペイを使用することで楽天ポイントが貯まる

楽天ペイは、チャージ方法や支払い方法によって楽天ポイントを貯める事ができます。

楽天ポイントって何って方は以下の記事をご覧ください。

ポイント還元率は、以下の表のようになっています。

ポインと取得方法支払い元ポイント還元率
QR払い・コード払い・セルフ払いの利用チャージ楽天カードからのチャージ1.5%(チャージ:0.5%+支払い1.0%)
楽天銀行、ラクマの売上金からのチャージ1.0%
ポイント楽天ポイントでの支払い1.0%
口座引き落とし楽天銀行からの口座引き落とし1.0%
クレジットカード楽天カード・楽天デビットカードでの支払い1.0%
Suicaへのチャージ楽天カードからのチャージ0.5%
楽天Edyでの支払い楽天Edyを栄養した支払い0.5%

クレジットカードについては楽天が発行したカード以外はポイント還元対象外となるため、楽天ペイをクレジットカードで使いたいという方は楽天カードを作成することをおすすめします。

楽天カードの作り方は以下の記事でまとめているので、まだ作っていないという方は良ければ見てみてください。

ポイントを利用した支払いでもポイントが貯まるのは嬉しいですね。

また、楽天ペイアプリ内のポイントカードを対応店舗で提示することにより更にプラスで楽天スーパーポイントを貯めることも可能です。

支払い方法が複数選択できる

楽天ペイは以下のように複数の支払い方法を選択できます。

  • クレジットカードを利用した支払い
  • デビットカードを利用した支払い
  • 楽天ポイントを利用した支払い
  • 楽天キャッシュ(事前チャージ残高)を利用した支払い

中でも楽天ポイントを利用した支払いでは、キャンペーンなどで付与される使える機関に制限がある期間限定ポイントから優先的に利用されるためおすすめです。

対応しているお店が多い

楽天ペイはコンビニ、ドラッグストア、スーパー等多くのお店が支払いに対応しています。

また、ネット上で支払いに利用できるサイトがもあるため使える幅が非常に広いです。

スポンサーリンク

楽天ペイのデメリット

上限金額が決まっている

楽天ペイは対応している店舗が多いですが、以下のように上限が決まっています。

支払い方法上限
クレジットカード・デビットカード1回あたり50万円
楽天ポイント/楽天キャッシュ1回あたり30,000ポイント

チャージをすると、チャージした金額は楽天キャッシュとなりますが、こちらは1回あたり30000円までしか使えません。

楽天ペイを利用して30000円を超える買い物をしたいという場合は、楽天カード、楽天デビットカードを利用した支払いを選択するしかないです。

登録できるクレジットカードに制限がある。

楽天ペイは、支払い方法が複数あるということをメリットとして紹介しましたが、登録後まず支払い元の設定をする必要があります。

この際にクレジットカードあるいはデビットカードの登録が必須となります。

設定できるのは楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)あるいはその他クレジットカード(VISA、Mastercardのクレジットカードのみ)となっております。

楽天カード以外のカードでは、ポイントも還元されないためクレジットカード払いを考えている人はあまり楽天ペイを使うメリットがないですね。

楽天ペイを使う場合は、楽天カード、楽天デビットカードを作ることをおすすめします。

セルフ払い決済を利用して間違えた場合の対応が面倒

楽天ペイには「セルフ払い」という支払い方法があります。

これは、自分で支払うお店を選択し、金額を入力するというものです。

後から店員に決済完了画面を見せれば支払い完了というメリットもあるのですが、対象店舗や金額を間違えるとキャンセルするのためにカスタマーセンターへ連絡する必要があります。

手続きが面倒になるため、心配な方は使用しない方が無難です。

通信やシステム障害によりサービス提供が中止・中断の恐れがある

これはどのキャッシュレス決済サービスにも言えることですが、システムの障害が発生した場合に予告なくサービスの全部が中止あるいは中断される可能性があります。

これによって生じた損害は楽天ペイは責任を負わないとしています。

すべてのサービスが中止されるというケースはよっぽどだと思いますが、キャッシュレス決済にはそのようなリスクはつきものであるということは覚えておいた方が良いです。

楽天ペイの使い方

楽天ペイの登録方法や各支払い方法については公式サイトに詳しい説明が載っています。

こちらのページを参考にしてみてください。

楽天ペイを使えるお店

楽天ペイが使えるお店は以下をご覧ください。

コンビニ、薬局、居酒屋、喫茶店、家電量販店、本屋等よく行きそうなところは大体使えるので近くにある方はぜひ使ってみてください。

最後に

楽天ペイは楽天カードと連携させることで最大限のメリットがあります。

楽天カード自体は、比較的審査も通りやすいカードとして有名なので持っていない方は作ってみることをおすすめします。

気になった方はぜひ登録してみてください!