Kyash Cardはどれがいい?メリット、デメリットからおすすめ紹介

スポンサーリンク

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

「Kyashって気になってるけど「Kyash Card」、「Kyash Card Lite」、「Kyash Card Virtual」とかあって違いがよくわからない、Kyash Cardが一番ランクの高いカードっぽいけどどんなカードか知りたい。」

という方に向けた記事です。

この記事の内容
  • Kyash Card、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualってあるけどどれに申し込むのがいいの?という疑問にお答えします。
スポンサーリンク

Kyashって?

まずはじめに、Kyashって何?という方は以下の記事をご覧ください。

Kyashには、Kyash Card、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualという3種類のカードがあります。

それぞれのカードの違いについては以下の表に記載します。

 Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
ICチップ(4桁暗証番号)××
Visaタッチ決済××
Apple Pay(QUICKPay+)
Google Pay(QUICKPay+)
国内決済オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
1回あたりの決済上限30万円5万円
本人確認済み:10万円
5千円
3Dセキュア認証確認済み:3万円
本人確認済み:10万円
月あたりの決済上限100万円12万円
本人確認済み:15万円
12万円
3Dセキュア認証確認済み:12万円
本人確認済み:15万円
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1%0.5%0.5%
ポイント付与上限
※一部対象外取引あり
1200ポイント(12万円分)1200ポイント(24万円分)1200ポイント(24万円分)
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
本人確認必要任意任意
スポンサーリンク

Kyash Cardの特徴

シンプルなカードデザイン

Kyash Cardはカードの表面にカード番号が記載されず、裏面に記載されます。

表面にはICチップ、Kyashのロゴ、VISAマーク、タッチ決済マークのみが記載されシンプルなデザインとなります。

色についてはKyash Card Liteでは水色一択ですがネイビー、シルバー、ピンクの3色から選べるようになります。

Visaのタッチ決済搭載

Kyash CardにはVisaのタッチ決済機能が搭載されています。

Visaのタッチ決済とは、買物をする際に新Kyashを専用機械にかざすだけで支払いができる決済手段(Visaタッチ決済対応店)のことです。詳しい内容については以下の記事でも紹介しているのでよければご覧ください。

暗証番号入力やサインを書く手間が省けます。

Visa加盟店ならどこでも利用可能

これはKyash Card、Kyash Card Liteで共通ですが、VISA加盟店ならオンライン、実店舗どこでも利用することができます。

また4桁の暗証番号が使えるようになったことでこれまで、暗証番号方式しか対応していなかったお店でもKyashが利用できるようになります。

アプリと連動した機能

アプリと連動することでリアルタイムに取引情報を確認したり、利用上限、場所の設定や万が一カードを無くした場合に備えたカードロック機能などを利用することができます。

発行手数料がかかる

Kyash Cardの発行には手数料として900円、Kyash Card Liteについては300円がかかります。

Kyash Cardのポイント還元率が1%、Kyash Card Liteが0.5%であるため手数料分の元を取るためにはKyash Cardで90,000円、Kyash Card Liteで30,000円以上の支払を行う必要があります。

複数のKyashカードを利用することができない

Kyashは複数のカードを一人で持つことはできません。

そのため、Kyash Card、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualのどれかを選択する必要があります。

スポンサーリンク

Kyash Card、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualはどれがいいの?

ここからはそれぞれのカードについてどういう人が申し込んだらいいの?という点について解説します。

Kyash Card

Kyash Cardはいろいろな機能には対応していますが、発行手数料が900円かかります。

そのため、Kyashでの決済をよく使うという方におすすめです。

基本的に買い物等はKyashで行うのがいいですね。

最近までは3Dセキュアに対応していなかったので、あえてKyash Cardを申し込むメリットも少なかったのですが、3Dセキュアにも対応したため、PayPay等でKyash Cardを登録して使う等幅が広がりました。

Kyash Card Lite

こちらは私が現在使っているカードです。

私がこのカードを申し込んだ際は発行手数料無料でしたが現在は300円かかります。

本人確認が不要なので、めんどくさい申請とかなしに作れるというのがこのカードの特徴です。

お試しで使ってみたいという人におすすめです。

ただし、暗証番号がついてなかったり、Visaのタッチ決済にも対応していないため本格的に使用したいという人はKyash Cardを申し込んだ方がいいと思います。

Kyash Cardの利用幅も広がってきたので私もそろそろKyash Cardを申しこむ予定です。

Kyash Card Virtual

Kyash Card VirtualはKyashのアプリを入れるとすぐに使えるバーチャルカードです。

発行手数料や本人確認なしでネット上の決済に使うことができます。

少しでもお得に買い物をしたい!Kyashをとりあえず使ってみたいという方におすすめです。

ただし、本人確認等しないと一回あたりの決済金額が5千円と低いため試しに使ってみて、いいなと思ったら本人確認をするのがいいと思います。

さいごに

Kyash Cardが発表された際は、あまり申し込む気はありませんでしたが、ここ最近は3Dセキュア対応、不正利用に対する保証などKyashもサービス向上に力を入れているようです。

気になった方は申し込んでみてはいかがでしょうか。