テレワーク(在宅勤務)環境を整えよう!狭い部屋でもおすすめなデスク、イス等紹介

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

「世界的に流行している新型コロナウイルス。これまでは会社に行って仕事をするのが当たり前だったけど、だんだんと働き方が変わってきた。コロナが落ち着いたとしても在宅勤務が続きそう。でもどういうもの揃えるのがいいのかな?おすすめなものがあれば知りたい」

という方に向けた記事です。

この記事の内容
  • テレワーク(在宅勤務)環境を整えたいという方向けに私も利用しているおすすめな商品を紹介します。

以前、以下のような記事を書きました。

ネットサーフィンをしたり、動画を見たり自分の好きなことをする分にはイスなしスタイルは良かったのですが、長期間家で仕事をするようになると結構集中して仕事をすることになります。

毎日8時間くらいほぼずっと座っていると、腰や首が痛くなってきました。

仕事など、長時間集中が必要なことをする場合、やはりデスクとチェアがあった方がいいという考えになったので今回、テレワーク(在宅勤務)勤務環境を整えることにしました。

ただ、あくまで仕事や長時間作業をする用にということで、自作PCは普段は上記記事のようにテレビに接続したままです。

動画など見るときは寝そべったりできたほうがやっぱり楽なので。笑

スポンサーリンク

テレワーク(在宅勤務)環境を整えるために必要なもの

ノートPC、床座りスタイルで仕事をしていた際に私が不自由だなと感じた点は以下です。

  • ノートPCを見ながらの作業となるため、無意識に前のめり(猫背)になっている。
  • 長時間座っていると腰やお尻が痛くなる
  • エクセルやワード、テキストエディタ、ブラウザ、仕事用ツールなど様々なものをノートPCの画面に開いて仕事をするのは効率が悪い

在宅勤務も長期化してくるといろいろな課題が見えてきます。

そこで、この課題を解消するために買い揃えたのが以下です。

  • PCデスク
  • チェア
  • チェアマット
  • PCモニタ
  • キーボード

次章から、私が購入した商品について紹介していきますが、いろいろ調べた上で決めたので決め手となったポイントや実際に使ってみての感想も記載してきます。

スポンサーリンク

テレワーク(在宅勤務)におすすめな商品

私は現在、1K7畳の部屋に住んでいます。

7畳と言っても、テレビやベッドなどを置いているのでそこまで場所を取るようなデスクは置けません。

それでもテレワーク(在宅勤務)環境を整えるからには快適に作業をしたいので、「狭い部屋でも快適に」という点を意識しました。

PCデスク

まずPCデスクは、サンワダイレクトのシンプルワークデスク(幅80cm×奥行き60cm)にしました。

このデスクは8000円程度と価格は安いですが、作りはしっかりしています。

そして何より、幅が60cm~180cmの間である程度選択できるという点です。

私は幅80cmを購入しましたが、ノートPCと後述する23.8インチのモニタを置けます。(ノートPCは少しはみ出しますが、特に支障はなし)

部屋に余裕があって同じような使い方をするという方は100cm~120cmを買うのもおすすめです!

説明書が入っており組み立ては非常に簡単です。

チェア

イスはゲーミングチェアも見ていたのですが、結構場所をとりそうということと部屋の雰囲気にちょっと色が合わなそうということで今回はオフィスチェアにしました。

商品はTicovaというメーカーのものです。

ほんとはErugohumanというメーカーのものがほしいのですが、流石に高すぎてちょっと手が出ませんでした。(将来的にはほしい。

ということで今回は人間工学に基づいていて、レビュー評価も高そうな商品を購入しました。

開封すると部品がこんなに…!

イスってこんなに分解できるものなんですね。

組み立てに関しては、説明書が入ってますが、説明書に書いてあるネジの種類と実際の袋に入っているネジが違っており最初ネジがないと混乱しました。(Aのネジと書いてるのに実際はCの袋に入っていたり)

説明書の画から正しいネジを探してなんとか組み立て完了しました。

中国メーカーなので日本語も結構おかしかったり、多少バリが取れてなかったりとアバウトな部分もありますが、座り心地は良いです!

サンワダイレクトのデスク80cmだと幅ギリギリなので、イスから立ち上がる際は一回後ろにイスを引く必要があります。

あと個人的にヘッドレストが気に入ってます。

今まで使っていたイスはヘッドレストがついてなかったんですが、あると姿勢猫背にならずに作業できますね。

チェアマット

部屋にラグを敷いており、これ以上別の色のマットを増やしたくなかったので、チェアの下に敷くマットは透明なものにしました。

敷いてみるとほとんど目立たず床と同化してくれているので透明マットおすすめです。

ただ、ずっと座っていると床に跡がつく(私の家の床の場合はしばらくたつと戻りますが)ので気になる方は2重にするとかの方がいいかもしれません。

PCモニタ

PCモニタはBenQの23.8インチのモニタにしました。

このモニタにした決めては価格が15000円以内ということと、ベゼルが狭い、VESA規格対応、ノングレアという点です。

VESA規格対応というのはモニターアームを取り付けられるという意味です。

今回は買いませんでしたが、将来的にはモニタアームを使って複数ディスプレイみたいな構成にしたいのでVASA規格対応のこのディスプレイはお得でした。

また、ノングレアであるという点も個人的には優先度の高いポイントでした。

グレア液晶を使っていたときに、画面にいろいろなものが反射して見にくかったという経験があるので今回はノングレアの製品を探していました。

↑で写真を載せましたがベゼルも狭く、反射もしないので非常に使いやすいです!

キーボード

キーボードについてはこれまで使っていた仕事用に新しいものを買いました。

仕事ではテンキーは使わないので、今回テンキーレスのものです。

テンキーレスだと幅も狭くなるので80cmのデスクでも使いやすいです。

ちなみにマウスはSANWA SUPPLYのBluetoothマウスを使ってます。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたでしょうか。

部屋が狭くて広いデスクが置けないという方も、幅80cmくらいならギリギリ奥スペースはあるのではないでしょうか。

今後、スマホスタンドなんかも追加して、電話もしやすい環境にしようと思ってます。

テレワーク(在宅勤務)環境を整えたいと考えている方に参考になれば幸いです。