楽天でんきキャンペーンのGoogle Nest Hubが届きました

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

楽天でんきキャンペーンのGoogle Nest Hubがようやく届きましたので紹介していきます。

スポンサーリンク

Google Nest Hubとは?

Google Nest HubとはGoogle社のスマートスピーカーであるGoogle Homeにディスプレイがついたバージョンです。スマートディスプレイとも呼ばれています。
これまではスピーカーだけだったので、音声操作しかできませんでしたが、ディスプレイがついたことにより時計を表示する、料理のレシピを見る、動画を見る、写真をスライドショーで再生する等のことがプラスしてできるようになっています。
細かい内容については、公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

いよいよ開封!

開封

Google Nest Hubの箱を開けるといきなりディスプレイが登場します。
大きさはよくあるタブレットよりは小さい感じでしょうか。Amazonの「Kindle Paperwhite」より少し大きいくらいでした。

裏面

裏にはスピーカーがついています。私はGoogle Home miniを持っていますが、それと比較しても大きくなっている印象です。
電源供給については、Google HomeはUSB microでしたがGoogle Nest Hubは丸い形状(ACアダプタ?)でした。
USB TypeCに変わっていることを期待していたので少し残念です。

Google Home miniとの比較

Google Home miniと比べるとディスプレイが増えた分横幅は大きくなっています。
後ろもスピーカーがついている分ちょっとぼてっとしているのですが、前や上から見ている限りにはディスプレイがスピーカー部分を隠してくれるのでそんなに気になりません。
また、片手で楽に持ち上げられるくらい軽いため持ち運びも楽です。

セットアップ完了後

以下の画像はセットアップが完了して、壁紙を表示しているところです。壁紙はGoogleから提供される壁紙や時計、自分のアルバムの写真などから選ぶことができます。
(画面に水色の丸い玉みたいなものが写ってますが、ちょうど画面が切り替わる瞬間に撮った影響で写っているだけなので、実際はきれいな壁紙が表示されています。)

ちなみに私はベッドの上に置いています。落ちてこないか若干心配ではありますが、時計がすぐ見れたり、アラームが聞こえやすいので何かと便利です。

スポンサーリンク

設定の際の注意点

メールアドレスはキャンペーンエントリーのものを使用する

楽天でんきのキャンペーンでGoogle Nest Hubをもらった人はキャンペーンにエントリーした際のメールアドレスをGoogle Nest Hubとリンクする必要があります。
私は、複数のメールアドレスを使い分けており、Google Nest Hubキャンペーンエントリー時のメールアドレスと今使っているGoogleアカウントは別のものにしていました。
最初は何も気にせず既存のGoogleアカウントにリンクしていたのですが、同封されていたお知らせを確認するとキャンペーンエントリージのメールアドレスじゃないとうまくデータの取得ができないと記載されていました、、、
もし別のメールアドレスで設定してしまった人は少し手間ですが、一度スマホのGoogle Homeアプリからデバイスのリンクを解除し、正しいメールアドレスでリンクし直しましょう。

リンク解除だけだとうまく使用量を取得してくれませんでした。間違えて登録してしまった場合は、Google Nest Hub本体裏側にある音量ボタン(大小両方)を10秒長押しして初期化後再度正しいメールアドレスで登録してみてください。

すでにGoogle Homeを使っている人はどちらか片方にしたほうがいい

部屋が複数ある場合は、それぞれの部屋にGoogle Homeを置いてそれぞれのスピーカーから同じ音楽を流すなど便利な使い方ができますが、一部屋しかない場合2つある意味がなくなります。
というか、どちらも呼びかけに反応してカオスな状態になります笑
なので、Google Nest Hubが2台目という人はまず既存のものを外してから設定することをおすすめします。
私はGoogle Home miniの方は今度実家に持っていこうと思います。

最後に

Google Nest Hubが届き、スマートスピーカーを利用した生活にまた楽しみが増えました。現在はGoogle Home miniとNature Remoを連携させ、エアコン、テレビの操作ができるようにしています。今後は部屋のライト、玄関のロックなども連携させてGoogle Nest Hub経由で操作できるようにしていけたらと考えています。
その際にはまた紹介記事を公開しますので、良ければまたご覧ください。

楽天でんきについては以下の記事をご覧ください。