Google Nest HubとNature Remoを連携して家電操作

スポンサーリンク

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

「Google Nest Hubで家電を操作したいけどやり方がわからない。Nature Remoという機器を使えば家電を操作できるらしいけどどうやるのか知りたい」

という方に向けた記事です。

Google Nest Hubで家電を操作する場合、対応機器であればGoogle Homeアプリに登録すれば音声操作ができます。

一方で、そもそもネット接続に対応していないような家電の場合は単体ではGoogle Nest Hub連携させるのが不可能です。

そのような家電を操作したい場合に、家電とGoogle Nest Hubの橋渡し的な役割をするのがNature Remoです。

この記事では、Google Nest Hubと Nature Remoを連携させて、家電を操作する方法を紹介します。

Nature Remoって何?って方はまず、以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

Google Nest HubとNature Remoを連携させるのに必要なもの

Google Nest HubとNature Remoを連携させる際に必要なものは以下の4つです。

Google Nest HubとNature Remoを連携させるのに必要なもの
  • Google Nest Hub(Nest mini、Nest Hub Maxでも可)
  • スマートフォン
  • Nature Remo(Nature Remo miniでも可)
  • Wi-Fi環境

Google Nest Hub

Google Nest Hubはディスプレイがついていないminiとサイズが大きい+カメラ機能などがついたmaxがあります。

私はminiとGoogle Nest Hubを持ってますが、ディスプレイ付きのGoogle Nest Hubが使いやすいと感じてます。

Google Nest Hub 第2世代 チャコール
楽天ブックス
¥ 11,000(2021/10/27 22:41時点)
Google Nest Mini チャコール
楽天ブックス
¥ 6,050(2021/10/27 22:45時点)
Google Nest Hub Max チョーク
楽天ブックス
¥ 28,050(2021/10/27 22:43時点)

スマートフォン

スマートフォンはGoogle HomeアプリがインストールできればiPhoneでもAndroidでも大丈夫です。

Nature Remo

Nature Remoはネットで購入が可能です。

Nature Remo3となっており、湿度、照度、人感センサーがついています。

また、Qurio Lockという玄関のドアの鍵を電子化する機器にも対応しているのは、以下の3つの中ではNature Remo3だけなので将来的にいろいろ試したいという方はNature Remo3がおすすめです。

エアコンやテレビ、照明などはすべて対応しているので、それくらいでいいよって方はNature Remo miniのどちらかで良いと思います。

Wi-Fi環境

Wi-Fi環境が必須なので、家にネット回線を引いていないという方は回線を引くかポケットWi-Fiなどを契約する必要があります。

スポンサーリンク

Google Nest HubとNature Remoの連携手順

設定は以下の流れで行います。

  • Google Nest Hubの設定
  • Nature Remoの設定
  • Google Nest HubとNature Remoの連携設定

Google Nest Hubの設定

まずはお使いのスマートフォンにGoogle Homeアプリをインストールします。

アプリをインストールしたら、Google Nest Hubの電源コードを差します。

電源コードを挿すとGoogle Nest Hubが起動しセットアップが始まるので、画面の指示に従って設定を行います。

この設定をする際はスマートフォンをWifi環境に接続しておきましょう。

最後まで設定が完了すると、Google Homeアプリ上でGoogle Nest Hubが認識されるようになります。

Nature Remoの設定

Nature Remoの設定については公式サイトに詳しい説明があるので、以下の記事を参考にしてください。

ネット接続ができないような機器でも赤外線リモコン対応の家電であれば、Nature Remoに登録してGoogle Nest Hubから音声操作することができます。

私は現在テレビ、エアコン、レコーダーを登録しています。
※テレビはGoogle home単体でも操作できますが、Nature Remoに登録しておくとスマホをリモコン代わりに操作できるので登録しています。

ここでの注意点として、メールアドレスを登録する場面があるのですが、メールアドレスはGoogle Homeアプリに登録したメールアドレスと同じものにしてください。

Google Nest HubとNature Remoのリンク設定

続いてGoogle Nest HubとNature Remoのリンク設定を行います。

まず、Google Homeアプリの左上の+ボタンを選択し、「デバイスのセットアップ」をタップします。

「セットアップ済みデバイスのリンク」をタップします。

検索ボックスに[nature]と入力します。出てきた「Nature Remo Smart Home」をタップします。

アクセスのリクエスト画面になるので、「許可する」をタップします。
これでリンクは完了です。

Nature Remoに登録した家電が表示されるので、それをGoogle Home上の「部屋」に追加しましょう。

登録が完了するとGoogle Homeアプリのトップ画面に登録したデバイスが表示されます。

ちなみに、「エアコンをつけて」などのように話しかけますが、デフォルトだと「○○(型番)をONにします」等各デバイスにつけた名前で返ってきます。

デバイス名は好きなように変えることができるのでわかりやすい名前にしておくことをおすすめします。

これで準備は完了です。

「テレビを消して」、「エアコンを消して」等話しかけてみましょう。

声で出した指示似合わせて、家電を操作することができます。

スポンサーリンク

Google Nest HubとNature Remoを連携させる際の注意点

GoogleHomeとNature Remoのリンクは簡単にできますが以下の点は注意しましょう。

Nature Remoと操作する家電の間をなるべく塞がない

Nature Remoは本来、リモコンで行っていた操作を肩代わりする役目を持っています。

リモコンが送る赤外線信号をNature Remoが代わりに送るため、Nature Remoと操作する家電の間に障害物があるとうまく信号が送れない場合があります。

Nature Remoの置き場所は棚の上や操作する家電のそばなど間に塞ぐものがない場所に置くのがおすすめです。

あまり短いフレーズにしない

Google Homeは似たようなフレーズであれば自動で判断し、同じ動作をしてくれます。(エアコンを消して、オフ、切って等)

ただ、テレビ関係の操作(チャンネルを変える等)をするときはなかなか反応してくれず、Youtubeが再生されるということが何回かありました。

家電によっては具体的なフレーズを使ったほうが良さそうです。

さいごに

リモコンが大量にあると場所も取るし、どこに置いたか忘れたというようなこともありますよね。

リモコンから声というちょっとした変化ですが、手が離せないときや眠くて動きたくないというときも操作ができて便利なのでおすすめです。

Google Nest Hubは他にも便利な使い方ができておすすめなので以下の記事も参考にしてみてください。