【おすすめ】サッカー見るならDAZN(ダゾーン)!料金や使い心地紹介

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

「サッカーが好きでDAZNが気になっているけど、お金もかかるし登録する前にどんなリーグが放映されているのかや、見ているときに止まったりしないか等リアルな声をききたい」

という方に向けた記事です。

この記事の内容
  • DAZNの料金体系や放映されている内容について紹介します。
  • DAZNを長年使ってみて感じる良い点、イマイチな点について解説します。

私はサッカーを見るのが好きで、JリーグがDAZNで放送されるようになった時から登録しています。

なので現在登録して3年ほどですね。

3年利用していると最初の頃に比べて変わった点などもあるため、登録を考えているという人に向けてリアルな声を紹介していきます。

スポンサーリンク

DAZN(ダゾーン)とは?

DAZN(ダゾーン)の概要と料金体系

DAZN とは、スポーツに特化したOTTサービス(インターネットを介して音声通話、動画等マルチに提供するサービス)です。

さまざまなスポーツの試合がリアルタイムに放映されており、利用者は好きな番組を選んで視聴することができます。

DAZNの料金は月額1750円(税込)です。

ドコモユーザーの場合は、DAZN for docomoというサービスに登録することで放映内容は全く一緒で月額980円(税抜)で利用することができます。

DAZN(ダゾーン)で放映されているサッカー

DAZNでは現在以下のサッカーリーグが放映されています。

リーグ・大会
日本Jリーグ1
Jリーグ2
Jリーグ3
イングランドプレミアリーグ
FAカップ(カップ戦)
スペインラ・リーガ
ラ・リーガ2部
コパ・デル・レイ(カップ戦)
イタリアセリエA
コッパ・イタリア(カップ戦)
フランスリーグアン
トルコスュペル・リグ
オランダエールディヴィジ
ドイツDFBポカール(カップ戦)
ヨーロッパ全体UEFAチャンピオンズリーグ
UEFAヨーロッパリーグ

DAZN(ダゾーン)で放映されているその他スポーツ

DAZNではサッカー以外にも以下のようなさまざまなスポーツが配信されています。

  • バスケットボール
  • ボクシング
  • ダーツ
  • テニス
  • セーリング
  • 野球
  • ラグビーユニオン
  • バレーボール
  • 総合格闘技
  • モータースポーツ
  • ゴルフ
  • Eスポーツ

個人的にはダーツの試合が結構好きで、サッカーが無い日に見たりしています。

次の章からは、私が実際にDAZNを使って感じる良い点とイマイチな点について紹介していきます。

スポンサーリンク

DAZN(ダゾーン)の良い点

さまざまな試合をリアルタイムに高画質で視聴できる

DAZNの最大の特徴はリアルタイムに高画質な映像を視聴できるというところにあります。

しかも試合には実況と解説がつくため、テレビで見ているのと同じ様な感覚で見ることができます。

また、映像はリアルタイムに流れますが前のシーンに巻き戻しできる機能もついています。

例えばサッカーを見ていてゴールシーンを見逃したという場合も、画面下にあるシークバーを戻すことで見たいシーンを瞬時に見ることができます。

さまざまなデバイスで視聴ができる

DAZNは、PC、スマホ、タブレット、TVなどさまざまなデバイスで視聴することができます。

同時に視聴ができるデバイスは一つのアカウントで最大2台です。

サッカーの試合は複数の試合が同時刻に開催されます。

優勝などがかかった試合では他チームの結果も気になるところですが、その様な場合にも同時に視聴可能です。

私は、PCとスマホを利用して2試合を同時に見たりします。

見逃し配信がある

DAZNには、リアルタイムで試合を見れなかった人のための見逃し配信というサービスがあります。

見逃し配信は、試合のフル映像かハイライト映像を見ることができます。

約30日間は配信されているので、用事があって見れなかったという人にも嬉しいですね!

最大6ヶ月間支払いの一時停止ができる

例えばサッカーの場合、オフシーズンというものがありますよね?

オフシーズンの間は試合がありません。

もちろん他のスポーツや別のリーグの試合を見るというのもありですが、そこまではしなくてもいいという人もいると思います。

そんな人におすすめなのが、アカウントの一時停止です。

この機能を利用すると最大6ヶ月間月額費用を凍結して、アカウントを維持することができます。

またシーズンが始まったらアカウントを有効化するだけです。

スポンサーリンク

DAZN(ダゾーン)のイマイチな点

モバイルデータ通信の場合データ通信量が多い

私は自宅に1GBのネット回線を引いています。

この回線を使う分には問題ないですが、スマホのモバイル回線でDAZNを利用したところデータ通信量が10分で約200MBになりました。

通信量を節約するような設定もありますが、画質が荒くなります。

また節約と言っても一試合見れば結構なデータ通信量になります。

なのでモバイル通信を利用した視聴には向いていないです。

視聴者数が多い試合では映像が乱れる場合がある

DAZN開始当初に比べるとだいぶ改善されていますが、視聴者数が多い試合では映像が止まったり、画質が急に荒くなったりすることがあります。

大きなトラブルとしてはWikipediaにも書いていますが、2017年2月25日と2019年11月30日に障害が起きています。

運の悪いことに、私はこの両方の障害をリアルタイムで喰らいました。

とはいえ今後技術が更に進歩していけば障害頻度は下がっていきそうです。

ドイツブンデスリーガの試合は見れない

実は前までは見れていたのですが、2018-19シーズンからDAZNでドイツのブンデスリーガが見れなくなりました。

放映の権利がスカパーに移ったことが原因です。

ブンデスリーガは日本人選手も結構いるので見ていたのですが、これはしょうがないですね。

その分、他のリーグが充実しているため私はそこまで気になりしないです。

どうしてもブンデスリーガが見たいという方はスカパーに登録する必要があります。

DAZN(ダゾーン)の登録方法

ここまでいろいろ紹介してきましたが、登録方法について紹介します。

DAZNでは1ヶ月間の無料体験期間があるのでお試しで登録するのもありです。

以下から登録することができます。

1ヶ月経つと自動で有料会員に更新されるので気に入ったらそのままでいいですし、もし違うなと感じたら1ヶ月以内に退会すればお金は発生しません。

さいごに

DAZNは、リーグサッカーを見るならスカパーという状況を劇的に買えました。

スカパーでは全て見ようと思ったら5000円以上かかるようなプランを2000円以内で提供したことで一気にシェアを拡大していっています。

ネット環境さえあれば、申込後にすぐ利用できるためサッカー好きという方は、ぜひ検討してみてください。