現役エンジニアおすすめのWindowsショートカットキー8選!

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

Windowsのショートカットキーって使ってますか?普段ネットサーフィンをするくらいなら意識することもあまりないかもしれませんが、何個か知っておくとネットサーフィンすら段違いに快適になります。
この記事では、私が仕事でも使っている覚えておくといいショートカットキーについて紹介します。

スポンサーリンク

Windowsショートカットキーって?

Windowsショートカットキーとはマウスで行う操作の一部(コピー、ウィンドウの切替等)をキーボードの特定のキーを押すことで肩代わりする機能の事です。マウスに慣れているとわざわざ覚える必要ないと思う方もいるかも知れませんが、これを知っておくだけで操作が快適になりますし、ちょっとパソコンに詳しい感を出すことができます(笑)

スポンサーリンク

おすすめWindowsショートカットキー

文章やファイルのコピー :「Ctrl」キー+「C」キー

文章で一部分をコピーしたい、ファイル等をコピーしたいという場合、該当箇所やファイルを選択後「Ctrl」キーを押したまま「C」キーを押すことでコピーすることができます。

文章やファイルの貼り付け :「Ctrl」キー+「V」キー

コピーした文章やファイルをどこか別の場所に貼り付けたいという場合、貼り付けたい場所を選択後 「Ctrl」キーを押したまま「V」キーを押すことで貼り付けができます。
「Ctrl」キー+「C」キーと「Ctrl」キー+「C」キーはセットで覚えましょう。

一つ前の段階に戻す:「Ctrl」キー+「Z」キー

こちらのキーは主に文章や画像の編集などをしている際に使用します。
何か編集している際に一つ前の状態に戻したいという場合があると思います。(表のサイズを元に戻したい、画像の位置を戻したい等)そのような場合、「Ctrl」キーを押したまま「Z」キーを押すことで一つ前の段階に戻すことができます。
そのまま何回か押すと前へ前へ戻っていきます。

ウィンドウの切替:「Alt」キー+「Tab」キー

ブラウザやエクセル、エクスプローラ、メモ帳等さまざまなアプリケーションを一度に開いていた場合、後ろ側に大量のウィンドウが表示されます。そのような際にマウスで一番前に持ってきたいウィンドウを選ぶ事もできますが、「Alt」キーを押したまま「Tab」キーを押すことでウィンドウの切替ができます。前面にもってきたいウィンドウの部分まで「Tab」キーを複数回押して切替を行います。

ちなみに「Windows」キー+「Tab」キーでもウィンドウの切替が可能です。「Alt」キー+「Tab」キーの切替と少し異なるため両方使ってみて使いやすい方を選択してください。

新規ウィンドウでエクスプローラ表示:「Ctrl」+「N」キー

ファイルをフォルダごとに分けている人にはおすすめなショートカットキーです。
例えば私はブログを作成する際、記事ごとにフォルダを分けて管理しているのですが、前の記事の画像を使いたいという場合があります。そのような場合一つ前のフォルダに戻って別の記事のフォルダを開いて…というような作業をしてもいいのですが、それだと行ったり来たりする必要があり大変です。そんなときに「Ctrl」を押したまま、「N」キーを押すと現在いるフォルダと同じ場所でエクスプローラーをもう一つ立ち上げてくれます。

似たようなショートカットキーで「Windows」キー+「E」キーというものがあります。
こちらは、デフォルトだと「クイックアクセス」が開くようになっています。とりあえずエクスプローラを別で立ち上げておきたいという場合はこちらのコマンドも併用してみてください。

文字の検索:「Ctrl」キー+「F」キー

こちらも非常に重宝するショートカットキーです。
Webで何かを検索してページを開いたはいいけど、知りたい情報がページのどこに書いてあるかわからないということありませんか?
画面をスクロールして見つけるというのは文章が少ないページであれば問題ないですが、何千行も書かれているページだと大変です。
そのようなときは「Ctrl」キーを押したまま「F」キーを押してみてください。
検索ボックスが開くのでそこにキーワードを入力するとページ内の該当箇所を強調してくれます。

このキーはブラウザ、メモ帳、Wordなどのアプリケーションでも同じショートカットキーとして割り当てられているのでさまざまな場面で役に立ちます。

コルタナで検索:「Windows」キー+「S」キー

こちらは少し上級ショートカットキーです。
Windows10になってからコマンドプロンプトやコントロールパネルなどの配置が変わりわかりづらくなりました。(未だにどこにあったか忘れます。笑
そんな人も大丈夫!Windows10から搭載されたAIアシスタントの「コルタナ」を使うことですぐに探すことができます。
「Windows」キーを押したまま「S」キーを押します。
そうするとコルタナの検索ボックスが開くので、そこにキーワードを入力すると対象のアプリケーションが表示されます。

似たような機能に「ファイル名を指定して実行」(「Windows」キー+「R」キー)というものがあります。こちらはファイル名を直接入力し、アプリケーションを起動するためアプリケーションごとにファイル名を覚える必要があります。(コマンドプロンプトならcmd等)使い慣れているとこちらのほうが楽かもしれませんね。

新しいフォルダの作成:「Shift」キー+「Ctrl」キー+「N」キー

キーが3つになりましたが、このコマンドも非常に重宝します。
新しいフォルダを作る際右クリックして、新規作成…という手間がなくなります。
「Shift」キーと「Ctrl」キーを押したまま、「N」キーを押すと新しいフォルダを作成してくれます。
とりあえず名前は後で、フォルダだけ複数を作っておきたいという場合はこのコマンドを連続で実行していれば連番でフォルダを作ってくれます。

※今回は触れませんが、一度に何百個もフォルダを作りたい、名前を指定して作りたいという場合は少し勉強してバッチファイルなどを作成するのがおすすめです。

スポンサーリンク

さいごに

今回は私がよく使うショートカットキーの中から厳選して8つ紹介させていただきました。
Windowsにはショートカッットキーが他にもたくさんあり、覚えていくのは少し大変ですが、使いこなせれば格段に作業スピードが上がり快適なネット生活を送ることができます。全然知らないという人はまずはこの8つから覚えてみてください!