【電力自由化】楽天会員なら楽天でんきがおすすめ!料金体系やメリットなど

こんにちは!管理人のうみねこ(@penta59631)です。

電力が自由化されていろんな電力会社の勧誘とかも増えてきた。安くなるなら切り替えたいけどいまいちどこがいいかわからない。楽天は結構使うので楽天でんきっていうのも気になっているけどどうなんだろう?

という方に向けた記事です。

この記事の内容
  • 楽天でんきの概要や料金体系について解説します。
  • 楽天でんきをおすすめする理由を実際使って感じる点から紹介します。


私は元々東京電力と契約していましたが、楽天カードを申し込んだあと楽天でんきに切り替えました。

最初は楽天が電気?と不安もありましたが、結果的には切り替えてよかったと感じています。

現在電力会社を切り替えるにあたってどこにするか迷っているという人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

楽天でんきとは?

楽天でんきとは、楽天モバイル株式会社が提供している低圧電力供給サービスです。

楽天でんきという会社があるわけではなく、実は楽天モバイルが行っているサービスのひとつです。

個人・家庭向けにプランSというプランが提供されており、以下の料金がかかります。

電気料金=基本料金+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金

年長費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は細かい計算方法がありますが、各電気事業者で一律の金額となっています。

楽天でんきは基本料金がなんと0円です。

電力量料金も使用量に関わらず一律同じ金額となっています。

ただし地域によって以下のように金額は異なります。

地域従量課金(税込)
北海道電力エリア30.00円/kWh
東北電力エリア26.50円/kWh
東京電力エリア26.50円/kWh
中部電力エリア26.50円/kWh
北陸電力エリア22.00円/kWh
関西電力エリア22.50円/kWh
中国電力エリア24.50円/kWh
四国電力エリア24.50円/kWh
九州電力エリア23.50円/kWh
沖縄電力エリア27.00円/kWh
スポンサーリンク

楽天でんきをおすすめする理由

電気料金が安くなる

電力が自由化されるまでは、地域ごとに特定の電力会社と契約する必要がありました。

しかし、電力自由化により消費者が自由に電力会社を選べるようになりました。

電力自由化についてはここでは詳しく解説しませんが、もっと知りたい方は資源エネルギー庁のサイトをご覧ください。

東京電力や関西電力など地域の電力会社かと契約しているという方は楽天でんきに切り替えることで電気料金を安くすることができます。

楽天でんきのサイトでシュミレーションができるのでどのくらい安くなるのか一度試してみるのがおすすめです。

料金を楽天ポイントで支払い可能

楽天でんきの電気料金は基本的にクレジットカード払いですが、楽天ポイントを支払いに利用することができます。

期間限定ポイントが優先的に利用されていくため期限が差し迫っているというポイントも無駄にせず有効に使うことができます。

楽天ポイントが貯まる

楽天でんきではまず申し込むだけで楽天ポイントが2000ポイントもらえます。

また、電気料金200円ごとに1ポイント貯まります。

そして支払いを楽天カード払いにすると100円ごとに1ポイント

毎月普通に生活しているだけでポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは電気料金の支払いやその他買い物などにも利用できます。

楽天カードを持っていないという人は以下の記事で楽天カードについて紹介しているのでよければご覧ください。

楽天市場のポイント還元率が+1倍される

楽天でんきに契約すると、楽天市場で買い物をする際のポイント還元率が常時+1倍増えます。

これ結構大きいですよね。

楽天会員かつ楽天市場アプリを利用して、楽天カードで支払いを行うと+3.5倍になるので、それと合わせてなんと4.5倍のポイント還元率となります。

Google Nest Hubが無料でもらえた

楽天でんきはGoogleと共同でキャンペーンを行った事があり、その内容は先着3000名にGoogle Nest Hubが無料で配られるというものでした。

私は、このキャンペーンに無事当選し今Google Nest Hubをフル活用しています。

当時の記事は↓です。

現在このキャンペーンは終わってしまいましたが、楽天は通信業界に参入するなど挑戦的な姿勢を見せています。

楽天でんきについてもまだまだユーザーを増やしていきたいという考えはあると思うので、もしかしたらこの先もキャンペーンがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

楽天でんきへの申込み

楽天でんきは現在、申し込むだけで楽天ポイントが2000ポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

申し込みの際は、まず電気料金のシュミレーションをしてみるのがおすすめです。

シュミレーションを行うことで現在からどのくらい安くなるかの目安が算出されます。

それで問題なければ申し込み→工事→開通(私は申込みから開通まで2週間程度でした)というような流れになります。

工事と言っても費用は一切必要ありません。

料金シュミレーションと楽天でんきへの申込みは以下から行うことができます。

さいごに

楽天でんきを利用して半年ほど経過しましたが、停電が起こったこともありませんし、東京電力より劣ると感じる点もありません。

今の所デメリットと思える点も無いため切り替えてよかったと感じています。

楽天会員という人はぜひこの記事を参考にしてみてください。