Kyash利用で最大6%還元!Kyashポイントと『キャッシュレス・消費者還元事業』

この記事では、Kyashが2019年10月1日から開始するポイント制度と、経済産業省主催の『キャッシュレス・消費者還元事業』における取り組みについて紹介します。

スポンサーリンク

Kyashポイントの概要

まずはじめに、Kyashって何?って方は、以下の記事をご覧ください。

Kyashポイント制度とは、2019年10月1日から開始されるポイントプログラムです。Kyashのリアルカードを持っている場合は、決済金額の1%のポイントがリアルタイムに付与され、1ポイントから利用が可能になっています。
Kyashといえば、これまで決済金額の2%を還元するキャッシュバックキャンペーンを行っていましたが、そのキャンペーンが終わりポイント制度に変わるイメージです。

数字だけ見ると2%→1%で改悪ですが、下で紹介する『キャッシュレス・消費者還元事業』のポイント還元と合わせると最大6%還元されます。
2%は継続してほしかったというところですが、キャンペーンなのでしょうがないですね。

2%キャッシュバックキャンペーンとの違いは以下のようになっています。

2%キャッシュバックキャンペーンKyashポイント
還元ポイント2%0.5~1%(バーチャルカードのみ発行の場合は0.5%)
還元タイミング翌月Kyash残高に還元リアルタイムに還元(1ポイント1円でKyash残高にチャージ可能)
  • QUICPayによる決済については対象外となります。
  • 小数点未満のポイントについては切り捨てられます。
  • Kyashポイント開始に伴い、「2%キャッシュバックは」2019年9月30日で終了となります。
スポンサーリンク

Kyashが行う『キャッシュレス・消費者還元事業』

まずはじめに、『キャッシュレス・消費者還元事業』って何?って方は、以下の記事をご覧ください。

以下のマークがあるお店が制度の対象店舗となります。

Kyashポイントに加えて、キャッシュレス・消費者還元事業についてもポイント還元を受けることができます。還元の割合は5%あるいは2%でこちらはQUICPayによる決済も対象となっております。そのため、Kyashポイントと合わせると最大6%のポイント還元を受けることができます。

店舗ごとの細かい還元率は、公式サイトをご覧ください。

  • リアルタイムを持っていない場合はKyashポイントの還元率が0.5%となります。
  • 一部対象外取引があります。(10月1日発表)

Kyashのバーチャルカードはすぐに作成ができますが、リアルカードは申込みから自宅に届くまで少し時間がかかります。そのため、作っていない方は今のうちに申し込みをしておくことをお勧めします。私は申込みから自宅に届くまで2週間ほどかかりました。

スポンサーリンク

最後に

Kyashの強みであった2%キャッシュバックが1%になり、正直残念な気持ちのほうが大きいですが、『キャッシュレス・消費者還元事業』の期間中は還元額も大きいためKyashは利用する予定です。結構簡単に作れるので、持っていないという方はこの機会に作ってみてはいかがでしょうか。